光のメッセージ

エレーナ・ベラスケス経由のメッセージ

ジョン・レノンからのメッセージ 2024年5月11日 エレーナ・ベラスケス経由

ジョン・レノンからのメッセージ 2024年5月11日 エレーナ・ベラスケス経由
John Lennon via Erena Velazquez May 10, 2024
From Facebook 

おはようございます、

私はジョンレノンです。過去に何が起き、そして未だに世間に非公開になっている真実を、さらに明らかにするために今日はここにいます。

ええ、その通りです。皆さんの現実では多くの事柄は依然として闇の中にあります。皆さんは、何の言い訳も、偏見もなしに、真実を受け入れる必要があります。殆どの人類が私が誰なのかを知っていると確信しています。私はビートルズという名のロック・グループを作り出しました。そのバンドのコンサート中には、ファンは熱狂的になり、泣き叫びました。私は最初にポール・マッカートニーと出会い、たちまちのうちに意気投合し、素晴らしい音楽を一緒に作り始めました。

その後に二人のメンバー、リンゴ・スターとジョージ・ハリスンがやってきて、一つのバンドとしての私たちの旅が始まりました。私達は一緒に音楽を作るのが大好きでした。私たちのグループは極めて人気があり、ファン達はショーの最中に失神してしまうほどでしたが、私たちの地平線には黒い雲が現れました。闇の支配者達は私達が、彼らに加わり、コンサート中に私たちのファンにドラッグを広めること、若者達にマインド・コントロール作用のあるドラッグを与えることをを望んでいました。

私たちは闇の手下になることなどに興味はありませんでしたから、ファンにドラッグを配ることを拒みました。それを拒否したことが、私達への敵意を生み出す事になりました。彼らは私たちを脅すことで教訓を与えることにしたのです。彼らはポール・マッカートニーの車のエンジンを改ざんしました。私たちのグループに教訓を与えるつもりだったのにも関わらず、残念なことに、それは裏目に出てしまい、ポールは衝突で殺害されてしまいました。車の事故によって彼の頭部は身体からもぎ取られてしまったのでした。

その出来事はネガティブな者達の計画通りには行きませんでした。彼らは、私たちのファンがポール・マッカートニーの死を見つけ出した時には、彼らがどのように反応するのかと恐れていました。彼は別のミュージシャンに置き換えられました。彼は浅黒く、実際のポールに似ていました。ですがマッカートニー本人にもっと似させるためには顔の整形手術が必要でした。支持者達の間にポール・マッカートニーの死についてのうささが広がるや否や、経営管理者は被害を最小限に抑えるための対策を試みました。

結局、私たちは彼のふりをした人とやっていくことになりました。このことが、以前は反対だったにも関わらず、私にドラッグを始めさせるきっかけとなりました。1966年以降は何も同じ様には行きませんでした。私たちは偽のマッカートニーと仕事をするのが好きではありませんでした。彼が気にするのはお金のことばかりで、そのことでファンに嘘をつくのも嫌だったのです。それで私たちは支持者の人々にヒントを与える事にしたのです。

本当のポール・マッカートニーは亡くなったと、1967年の私たちのミュージック・ビデオ『君のお母さんは知るべきだ』(Your Mother Should Know)で私たちはファンの人たちに大きなヒントを与えました。私たち三人がスーツに赤いばらをつけているのに対して、偽のポール・マッカートニーには黒いバラをつけさせました。

私たちは、アビー・ロード・アルバムのカバーにも、本当のポール・マッカートニーもう生きてはいないというもう一つのヒントをファンに与えました。このアルバムの写真で私たちはお葬式を表現したのです。右側の私は神父を表す白だけを身につけ、リンゴは葬儀屋を表す黒だけを、そして写真の左側のジョージは墓掘りを表すデニムだけを身につけました。偽のポール・マッカートニーは素足で歩き、死体を表していました。替え玉のポールは、左利きでいたにも関わらず右手にたばこを持っていました。彼が本当のマッカートニーではないことは明らかでした。

私たちは、自分達の音楽を続けようとしましたがうまく行きませんでした。1969年には、私はビートルズを脱退しました。バンドは1970年に解散したと、新しいポール・マッカートニーはマスコミに公表し、そしてそれは1974年に正式なものになりました。私はビートルズについて本当のことを公にしようとしていましたから、闇の者達は私がそうすることを恐れていたのです。1980年12月8日に私を殺害したのはクレイジーなファンだったのでは無く、それは私を永遠に静かにさせるための、ネガティブな者たちによって故意に計画されたものでした。

50年以上が経った今でも、人類は未だにポール・マッカートニーが死んだなんて陰謀論に過ぎないと思っています。ここまでのことで、多くの皆さんには、殆どの話が結局は本当のことだとわかってもらえたことと思います。今日の皆さんの世界で暮らしているポール・マッカートニーは偽物で、本物のマッカートニーは1966年に自動車事故で死んでしまったのです。

闇は人々を欺きそして無知にしておきます。ポールの旅立ちについては私たちからのたくさんのヒントがありました。誰かの死について私達が物語をでっちあげると思いますか?そんな馬鹿げたことは私たちはしません。私が暮らしていた現実はすでに闇の存在に支配されていました。60年代には、人々は光は常に悪に打ち勝つものとまだ信じていましたが、長年あらゆる方向から操作され、嘘をつかれてきた後では、今、人類は正義が勝つものとはそれほど思ってはいません。どうか決して諦めないでください。銀河の光の勢力の大使、ありがとう。

自分らしくいてください

ジョン・レノン

Channeled by Erena Velazquez
Ambassador of Galactic Light Forces

訳 Koh